ペットを飼いたい人に教えたい!ペット入手法3選

Posted by

一番手軽なペットショップ

ペットを手に入れるためには、ペットショップで購入する方法が一番手軽です。独立した店舗として運営されていることもありますし、大型商業施設内にテナントとして出店している場合もあります。魚や犬・猫など、一般的な動物であれば購入できるはずです。エサや飼育に必要な器具も販売されているのが通例なので、初心者でも安心です。ショップスタッフに飼育に関する質問をするのも有効で、飼育の経験が浅いほど頼りになる存在です。

ブリーダーから直接購入する

ペット用の動物を繁殖させる仕事をしている人をブリーダーと呼びます。ブリーダーは動物が増えるとペットショップへ売って利益を上げています。しかしブリーダーのなかには、一般の顧客にも動物を売っている人がいます。飼いたい動物の種類が細かく決まっているときや、血統のよい動物を飼いたいときはブリーダーを探してみるのも有効です。ペットショップと同様に、購入予定の動物と対面させてくれたり、飼育の相談にものってくれるのが通例なので活用してください。

知り合いの飼い主から買う

ペットも飼育環境によっては、(予期せず)子どもが生まれることもあります。このようなときは飼い主も飼育に困る例があるので、知り合いにそうした飼い主がいる場合はその人から購入するのもひとつの方法です。ペットショップなどとは違って、格安で譲ってもらえるはずです。この場合、しつけや予防注射などを自分で行う必要があるため、知識が浅い場合は勉強してからのほうがいいかもしれません。最低限、エサなどを購入できる店を確認してから飼い主と連絡をとってください。

神奈川県は横浜市のような人口の多い年があり、一戸建ての件数も多いです。子犬販売なら神奈川県が良いでしょう。