意外と知られていない!壁面緑化の効能3選!

Posted by

自律神経の安定化へ・・・・

壁面緑化と聞くとほとんどの方が環境にやさしいというざっくりしたイメージしか持っていませんよね。もちろん、それもあるのですが壁面緑化は他にも様々な効能を人間に与えます。それが、自律神経の安定なんですね。壁面緑化は文字通り建物の壁面やベランダに植物を植え付けます。それにより、自然と日常の中で植物を見る機会が多くなりますよね。人間というのは緑色のものが目に写ると無意識に自律神経が安定し心を落ち着かせることが出来ます。大手会社の建物では壁面緑化を施すことを採用し社員の精神を安定させているんですよ。植物の力というのはそれほどまでに人間に影響を与えるんですね。

人間の嗅覚にも刺激を与える・・・・

壁面緑化に採用される植物は様々ありますよね。それは依頼者に応じて決められます。やはり、ほとんどの方が四季折々の花を楽しめる植物を選ばれるんですよ。季節によって咲く花が変わるのでそれを見る人間の感じ方も変わります。それが最も顕著に現れるのは嗅覚です。穴によって発せられる成分が変わるので人間はそれを感じとり安らぎという快楽を得ているんですよ。嗅覚は五感の中で一番、感じとる部位なのでストレス社会の現代において臭いというのは私たちに一瞬の安らぎを与えてくれるんですね。

ヒートアイランド現象の防止へ・・・・・

「壁面緑化は環境対策に良い。」と思っている方がほとんどだと思いますが、じゃあ、具体的にどのように環境対策に役立っているかを理解している人はあまりいないと思うんですね。壁面緑化は主に東京などの都会で行われています。なぜなら、建物が多く自然がなくコンクリートで大半の面積を占めているからです。それにより、コンクリートに大量の直射日光が吸収されそして、コンクリートから放出され地域一帯の気温が上昇するんですよ。これがヒートアイランド現象と呼ばれるものなんですよ。それを、改善するために壁面緑化が多く行われているんです。壁面緑化にすることで直射日光を吸収し気温の上昇を防ぎます。さらに、植物の光合成により酸素が多く放出されます。壁面緑化が施されている建物はまだ少ないですがこれからどんどん増やして地球温暖の足掛かりにでもなれば良いですね。

壁面緑化は、建物の壁にツタなどの植物をはわせる緑化方法です。ヒートアイランド現象の解消に効果的です。