長く使うには手入れが重要!機械式時計の手入れについて

Posted by

機械式時計のゼンマイについて

機械式時計はゼンマイを巻き上げることで、時計を動かします。基本的に機械式時計は常に動いている状態の方が、適度に油が馴染むので長持ちするんですよね。ゼンマイによって時計が安定して動く時間は約24時間です。なので手巻きの場合は一日一回ゼンマイを巻き直す必要があります。自動巻きは腕の振りによる振動でゼンマイを巻き上げます。そのため、毎日時計を付ける習慣があるなら、常に時計が動いている状態を維持できます。たまにしか使わない場合、時計を軽く振ってゼンマイを巻き直しましょう。

オーバーホールは必要?

オーバーホールという言葉をご存じでしょうか?簡単に言うと分解して掃除することですね。機械式時計を長く使いたいなら、このオーバーホールが必要です。機械式時計を長く使えば、部品の摩耗や油切れなどが起こるので故障しやすくなります。それを避けるためにオーバーホールを行う訳ですね。オーバーホールを行う目安は3~5年、金額は3~5万円です。実はオーバーホールしなくても時計は普通に動くんですよね。ただ、微妙に遅れやすくなりますし、故障のリスクあるので大事な時計だけはオーバーホールした方がいいですよ。

ベルトの手入れについて

機械式時計をしていて最も汚れやすいのがベルトですよね。汗を吸いやすい皮ベルトの場合、汗をしっかり乾かして柔らかい布で拭きます。ただ、革ベルトの場合は丁寧に手入れしても寿命が来れば切れてしまうので、いずれ交換する必要があります。金属ベルトの場合、全体を磨く時は柔らかい布を使い、細かい部分を磨く時は柔らかい歯ブラシか綿棒を使います。防水設計のモデルなら、ぬるま湯につけながら中性洗剤を使って磨くときれいですよ。

グランドセイコーは時計のメーカーとしては非常に有名なブランドとして、現在では多くの方が愛用している時計です。

グランドセイコーの価格を読む
グランドセイコーのクォーツならこちら