周囲の景色も意外と重要!?屋上緑化するのに有利なロケーションとは

Posted by

最低条件として終日豊かな日照が得られる立地を

屋上緑化を考える際、そこで育成する事となる植物の生育環境を勘案する事は非常に大事と言えるでしょう。もちろん終日安定した日照が得られるというのは最低条件。ビルやマンションの屋上なのに周囲の地形やより高いビルに遮られ、日照が得られるのがほんの2、3時間程度というのはあまりにも厳しい条件ですし、そもそもそんな日陰の屋上で過ごすというのも味気無い話ですよね。屋上緑化を成功させるには先ずそれに適した環境であるかを見抜く眼力も大事なのです。

丘陵地や坂の上は基本的に日照豊富

同じビルやマンションの屋上でも、既に開発が進み多くの高層ビルが林立する平坦地エリアの中で屋上緑化を成功させるには幾つかの条件をクリアしなければならないでしょう。前述の通り1日を通して十分な日照を得られるかという検討と共に、十分な日照が得られないと思われるケースにおいて、それに最適な植物の選択といった問題も発生する訳です。こうした余計な配慮が必要無いのはやはり丘陵地や坂の上といった周囲より標高の高いロケーション。ニュータウンにあるビルやマンションはこうした条件に合致する事が多く心配は無いでしょう。

どうしても不利な条件で緑化を図りたい場合に・・

ですが屋上緑化に適した環境下に無いビルやマンションでは全て諦めなければならないという事もありません。確かに条件としてはかなり悪いものの、日照があまり届かない環境下でも十分生育するタイプの植物を選んだり、人口的に日光と同じ波長の照明を1日に数時間当てるといった工夫で屋上緑化を成功させる方法もあるものです。一般的な環境の屋上緑化よりも技術を要しコストは掛かるものですが、アイデアとしては大変面白いもの。どんなに条件が悪くとも殺風景な屋上に潤いをもたらしてくれるのであれば、チャレンジしてみる価値は十分にあるのです。

屋上緑化とは、建物の屋上に植物を植えることです。見た目を自然的にしたり、断熱性を高めたりといった目的でされます。