絶対に必要な手入れ!機械式時計のオーバーホール

Posted by

機械式時計をオーバーホールに出す理由

機械式時計は高級感がある一方、多数の極小な部品で構成されている非常にデリケートな機械です。そのため手入れには細心の注意が必要になってきますが、特にオーバーホールに関しては先延ばしにしてしまう人が多くいます。確かにいくら消耗品とは言え、部品が簡単に壊れてしまうような状況は考えにくいのですが、機械式時計の生命線とも呼べる潤滑油は数年で切れてしまうため、部品に油を差す上では定期的なオーバーホールは欠かせないのです。

オーバーホールはどのくらいの期間で行えば良いの?

オーバーホールは機械式時計にとって、最も基本的で主要な手入れであると言えます。しっかりと期間を守って出すように心がけたい所ですが、一般的に新品の機械式時計であれば3~4年の間に出すのが適当であるとされます。2回目以降からは、2~3年に1回のペースでオーバーホールに出すようにしましょう。一方で、何度もオーバーホールに出すと時計に負担をかけてしまうことにもなりかねないため、故障していない限りはしっかりとオーバーホールのペースを守るように心がけましょう。

オーバーホールは職人の腕の見せ所

オーバーホールも、ただ量販店などにポイッとお願いするだけではいけません。機械式時計のオーバーホールはロボットなどが自動で行ってくれるようなものではなく、専門の職人が一つ一つの部品を手作業で丁寧に確認しながら行うものです。そのため、その仕上がりは職人の腕にかかっていると言っても過言ではありません。不審なほど安価な場合は十分なオーバーホールを行ってもらえない可能性が高いため、少々高くても腕の良い職人を紹介してもらい、そこでオーバーホールしてもらいましょう。

オーデマピゲは、優れた機能性だけでなく魅力的なデザイン性も兼ね備えており、様々なファッションとの相性が良い点でも人気です。

続きを読む